リンク

住所・連絡先変更

ご住所や電話番号などの変更がありましたら、お知らせください。

学校法人履正社校友会会則 

第一章   総則

(名称)

第1条
本会は学校法人履正社校友会と称する。

(事務所)

第2条
本会は本部及び事務局を大阪市淀川区新北野1丁目8番19号学校法人履正社本部内に置き、支部及び部会を置くことができる。

第二章   目的および事業

(目的)

第3条
本会は学校法人履正社の経営する学校の卒業生を中心とする会員相互の連絡親睦と共益をはかり、あわせて母校の発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第4条
本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)機関紙ならびに名簿の発行
(2)懇親及び慶弔
(3)その他本会の目的達成に必要と思われる事業

第三章   会員および会費

(会員)

第5条
本会の会員となることのできるものは次の通りである。
(1)正会員、第3条の学校を卒業したもの。
(2)特別会員、現職員および旧職員

(会費)

第6条
会費は入会金2,000円、年会費1,000円とする。但し、年会費は総会ごとに2ヵ年分2,000円を納入する。

第四章   役員とその選任

(役員)

第7条
[A]本会には次の役員をおく。
(1)会長 1名 (2)副会長 若干名 (3)事務局長 1名
(4)会計 2名 (5)会計監査 2名  (6)書記  若干名

(任務)

第7条
[B]本会の役員任務は次の通りとする。

(1)会長は本会を代表し会務を統轄する。

(2)副会長は会長を補佐し会長の事故あるときはその任務を代行する。

(3)事務局長は事務局を組織し会長の指示をうけ、会に関する事務全般をつかさどる。

(4)会計は会計年度終了後会計監査をうけ、役員会の承認を受けただちに総会において会計報告をしなければならない。

(5)会計はこの会の収入および支出に関する任務をつかさどり金銭並びに関係帳簿等を管理する。

(6)会計監査は会計を監査し、役員会および総会に報告しなければならない。

(7)書記は事務局長を補佐し、会議等の記録等をつかさどる。

(選任)

第8条
本会の役員の選出は次の通りとする。
(1)会長は総会において選出する。
(2)副会長、会計、会計監査、書記、は会長がこれを委嘱する。
(3)事務局長は会長の委嘱とする。

(任務)

第9条
本会役員の任期は2年とする。但し留任は妨げない。

第五章   常任幹事

第10条
<削 除>
第11条
常任幹事の選出は第8条の(2)に準ずる。
第12条
常任幹事は会長の諮問機関である運営委員会に参画して会務の運営にあたる。

第六章   会議

(総会)

第13条
本会の総会は会員をもって構成され、本会の最高の決定機関であって出席者の3分の2以上の賛同を得て議事を決する。
第14条
本会の総会は原則として年1回開くものとする。
但し、会長が必要と認め役員会の出席者3分の2以上の同意を得たときは臨時総会を開くことができる。
会長が必要と認めた場合、総会の開催は平年においては役員会をもってこれを代行することができる。
第15条
本会の総会は次の事項の決定および承認を行う。
(1)会長の選任
(2)本会会則の改正
(3)事業報告、会計報告、事業計画案及び予算案
(4)会計監査の報告
(5)その他会長が必要と認める事項

(役員会)

第16条
本会の役員会は本会の企画機関であって、会長が主宰し、議長となる。
第17条
本会の役員会は次の事項を審議し決定する。
(1)事業計画案・予算計画案
(2)事業の実施方法の策定
(3)その他本会の運営に必要な事項
第18条
会長が必要ありと認める時は適時に各期幹事会を招集する。
第19条
本会のすべての会議並びに総会には議事録を作成し議長および出席者の代表2名以上の署名を受けこれを保存する。

第七章   名誉会長・顧問および相談役

第20条
会長は役員会の同意を得て、この会の名誉会長、顧問及び相談役を若干名推薦することができる。

第八章   資産および会計

(資産)

第21条
本会の資産は次の通りとする。

(1)本会の資産は会費、寄付金その他の収入によりなる。

(2)本会の支出は第4条の事業を行うための費用およびこれに付帯する諸費に限る。

(3)資産の処分管理については役員会の決議の上総会の承認を受けなければならない。

(資産の管理及び処分)

第22条
本会の資産の管理および資産の処分は次の通りである。

(1)本会の資産は会長が管理し、別に会計規定を定める。

(2)本会の支出は第4条の事業を行うための費用およびこれに付帯する諸費に限る。

(3)資産の処分管理については役員会の決議の上総会の承認を受けなければならない。

(会計年度)

 

(1)本会の資産は会長が管理し、別に会計規定を定める。

(2)本会の支出は第4条の事業を行うための費用およびこれに付帯する諸費に限る。

(3)資産の処分管理については役員会の決議の上総会の承認を受けなければならない。

(会計年度)

第23条
本会の会計は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(事業計画と収支予算)

第24条
本会の事業計画およびこれに伴う収支予算は毎会計年度役員会が編成し、総会の承認を受けるものとする。

[付則]

 

(1)本会則は昭和52年4月1日より実施する。

(2)本会則の変更は総会の承認を得なければならない。

(3)昭和58年5月1日一部改正。

(4)平成7年4月14日第6条改正。

(5)平成11年6月6日第1条、第8条、第11条、第12条改正。第10条削除。